ープロが教える家づくりで失敗や後悔を少なくする方法ー

オールガス!ガスで床暖も利用した冬は足元から暖まる家

高嶋 圭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。
石川県小松市 赤シャツアドバイザー
タカシマ です。

今回は施工事例の紹介です。
北陸は電気代が安いので、新築ではオール電化が9割以上でした。20年近く住宅業界に携わってるけど、オールガスで新築した経験は10件も無いと思います。

でも、電気代の値上がりもありガスの需要がドンドンと伸びています。特に、床暖を希望されている方にはオススメです。電気に比べて割安で施工する事が可能。足元が暖まれば北陸のような雪国でも快適に過ごす事が可能です。

そんなオールガスで施工した家を紹介します。

 

ホワイトのガルバが映える外観

外観はガルバと吹付けを使って施工しました。ホワイト色のガルバって見た事がありますか?僕は初めて。汗 仕上がってみると素敵です!ガルバの幅を少しだけ広くした素材を使ってる。細かい部分だけど、ここがメッチャ素敵。ホワイトが可愛い感じ。

そして、吹付け部分にはグレーを使いました。ホワイトが目立つように、自然でシックに仕上がる色。グレー1色だと、少し物足りないけど、他の部分を目立たす為だったら最高の色だと思います。

屋根は大屋根を緩い勾配で設計。大屋根にすると、小屋裏部分を有効利用する事ができます。吹抜けにする方法もありだし、小屋裏収納に使う方法もあり。色々な用途に使える空間ができる屋根のかけ方です。

今回は、リビングの天井を高くし開放的で明るい空間に仕上げました。

 

天井が高く明るく開放的なLDK

LDKは黒と白を基調に仕上げた落ち着いた空間に。

今回の床は無垢材ではありません。理由は、床暖房が施工されているから。床暖房対応の無垢材もありますが、やっぱり熱による反りや隙が怖い部分。なので反りや隙に強い合板フローリングを使いました。

過去には、合板フローリングを使ってるのに、床暖房の熱で縮んで経験もあります。その時は、名刺が5枚ぐらい入りました。汗

それぐらい熱が出て暖かい暖房ですが、床の反り、隙は自然の原理と覚悟が必要です。

 

そうそう!リビングの天井が大屋根部分と同じ位置になると・・・

こんなイメージで天井を高くする事が可能です。屋根勾配を利用しているので吹抜けほど高くはなりませんが十分な高さ。

天井を高くすると解放感が全く違います。窓も高く設置できるので、部屋の奥まで太陽の光は届きます。リビングだけじゃなくキッチンや、ダイニングまでも明るくしてくれます。

やっぱり、天井が高くて開放的な空間は個人的にも好きだな。

 

アイランドキッチンがインテリアに。

キッチンはアイランドキッチン。

アイランドキッチンの素敵な部分は、空間が広く開放的になり、さらにキッチンがインテリアにもなります。広く開放的なLDKにインパクトを与えてるブラック。換気扇がシルバーだと違和感があるけど、換気扇の色までこだわりブラックで統一してます。

他の建具や、窓の枠もブラックで統一しているので、オシャレで統一感のあるキッチンに。

今回はクリナップのキッチンを採用しました。

頑丈で長持ちするキッチン。それが、クリナップの特徴です。キッチンの内部は木製が多いけど、クリナップは内部もステンレスで作られています。湿気の多い部分なので、木製に比べてステンレスの方が長持ちします。さらに、頑丈なレールを使ってるので、引出しを長年に使ってもヘタる事がありません。

頑丈で長持ちするキッチンが好みの方は、クリナップも検討してみては?でも、少しお値段は高めです。汗

 

洗面は造作で施工しました

今回も洗面は造作で施工しました。この幅!!ヤバイですよね。ここまで幅が広いと家族が並んで使う事が可能です。

今は小さな子供達も思春期になり、洗面の鏡で頭をセットしたり、眉毛を整えたり。朝の忙しい時間帯なのに、洗面を使う時間が長くなります。ここで、洗面が狭いと困るんですよね。汗

2階などに洗面がもう1つあればいいけど。なかなか難しいですよね。

そんな時には、洗面の幅を広くし、さらに鏡も大きくすると解決できるのでオススメ。鏡が大きいとデザイン的にもオシャレに仕上がります。

今回はモザイクタイルを使わないで、メラミンカウンターで施工。スッキリと仕上がり、汚れにも強い素材です。そして、鏡の裏の白い部分。実は、ここにタイルを施工しました。1枚が大きく大理石のような仕上がり。このタイルが間接照明に照らされて良い味を出してくれてますね!

 

トイレの手洗いはモルタルで仕上げました

最近はモルタルの要望が多くなってきました。確かにオシャレですね。

でも、モルタルは時間が経過すると割れてくる可能性もあります。汗 これは、モルタルのデメリット。なので、施工する面積の小さい手洗いカウンターに使いました。

仕上がってみると、やっぱりカッコイイ。

トイレは家族も使うけど、友達や来客も必ず使う場所。トイレはオシャレに仕上げると、家全体がオシャレに見えるから不思議です。

 

パパの趣味室もあります

2階にはパパの趣味室もあります。僕も自宅には書斎があるけど、少し手狭になってきました。

趣味のあるパパには最高の空間です。趣味によって設計も違いますが、家を建てて趣味も楽しめて、人生が豊かになると最高ですよね!

趣味があるけど、楽しめない。これだと家をつくった意味がありません。でも、こもり過ぎには注意が必要ですよね!(笑)

 

最後に

今回はガスを使った床暖でリビングが暖まる家を紹介しました。

電気に比べて、ガスの床暖はイニシャルコストを抑えて設置する事が可能です。床暖を検討している方は参考になると思います。

そして、床暖の熱でおこるフローリングの反り、隙の問題。ここも事前に確認してから床暖を選びましょう。後から、聞いてない!!って、なると後悔しますから。

今回も素敵な家に仕上がりました!

良かったら参考にして下さいね。

 

あなたは大丈夫?家づくりで不幸になる予算オーバー

予算オーバーから家族を守る秘訣を無料で配布しています。

 

 

総ページが100ページ以上の

ボリュームE-bookです。

住宅会社では教えてくれない予算オーバー

にならないで、家族の夢を叶える

家づくりの進め方や予算オーバーした

時の対処方法。

回避方法をまとめました。

是非、あなたの家づくりにお役立てください

その他にもあなたの家づくりに役立つ

「豪華特典」がついてます。

詳しくはE-bookの最後で

この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 家づくり情報ブログ , 2019 All Rights Reserved.