ープロが教える家づくりで失敗や後悔を少なくする方法ー

屋根裏を有効活用!屋根裏にパパの書斎がある家

高嶋 圭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。
石川県小松市 赤シャツアドバイザー
タカシマ です。

 

今回は施工事例のご紹介です。

屋根裏を有効利用して、パパの秘密基地にしたお家です。屋根裏を利用する為に屋根の作り方を工夫したり、行き来きが楽になるように階段にもこだわりました。急勾配な階段だと使いにくいですしね。

そして、オーナー様は子育て家族。パパもママも仕事をしながら、家事や育児を頑張っています。少しでも家事や育児が楽になるような工夫も考えました。

これから家づくりを検討する子育て家族や、広い書斎が欲しいパパには参考になる施工事例です。

 

大屋根がインパクト抜群の外観

外観は屋根を大きくかけたシンプルだけど、高級感も演出しています。外壁は薄い色をベースにして、あまり他の色を使っていません。サッシの窓枠も薄い色の外観に馴染むように。

屋根は瓦を使っています。普通の瓦とは違って薄い「平板瓦」を採用しました。屋根部分がシンプルなラインになると、外観も素敵になります!

 

広くて明るいLDKに仕上げました

大きな窓が特徴的なLDKです。床は無垢材を使い、壁には珪藻土。自然素材を多く使った仕上げ。

無垢材は調湿作用にすぐれ、夏はエアコンを使ってもサラサラな肌触りに、そして、冬には裸足でもヒンヤリしない素材です。本物の木が持つ魅力ですよね!

壁の珪藻土も調湿作用に優れ、さらに脱臭効果も期待できる素材です。家族が一番に集まる部屋だし、温度だけじゃ無く、調湿作用も快適な部屋にする為に珪藻土を使っています。

そんな自然素材で仕上げた部屋には大きな窓が2つ。この窓から太陽光の光を部屋に入れます。日中は太陽の光を利用して照明器具を使わない。そんな省エネな暮らしが可能になります。

 

造作せ施工したテレビボード

テレビボードは造作で施工しました。大工さんが枠をつくり、建具屋さんに扉を施工して仕上げる。

そんな造作の魅力があります。造作はオーナー様の使いやすいように施工する事が可能です。扉を設置しないでシンプルに仕上げる事も可能だし、細かい物を収納できるように中を仕切る事もできます。

あなたの使いやすいように、そして、好きなデザインで仕上げるテレビボードは標準で設置しています。

 

リビングの横にはタタミコーナーを設置

リビングの横にタタミコーナーを配置しました。

リビングの横にタタミコーナーがあると、子育て家族は子供が遊ぶスペースで活躍します。床がタタミだと柔らかいし子供にも優しい。そして、子供が思いっきり遊んでも床に傷がつきません。無垢材だと傷が心配になるから。汗

遊んで疲れた子供達のお昼寝スペースにも活躍します。リビングでリラックスしながら子供達の寝顔を見れる。なんかホッコリしますね。

 

他にも、ちょっとゴロンとしたい時や、親や友達が遊びに来た時、泊まっていく時にも活躍してくれます。

タタミスペースがあると、凄く便利です。これから家づくりを始める方にはオススメです。

 

洗面は造作で施工しました

洗面化粧台は造作で施工しています。今回は、天板にメラミンカウンターを採用。汚れに強く、掃除も楽な素材です。天板はタイルが可愛いいけど・・・ちょっと目地の汚れが気になる・・・。そんな方にはオススメの素材です。

 

基本的に洗面は幅を広く計画します。子供が小さいと歯磨きを手伝う事も多い。洗面で二人が並べるとストレスなく歯磨きも出来るし、大人になれば鏡を使う事が多くなります。洗面の幅が広いと鏡も広く施工できます。これで朝のセットも問題なしですね。

 

小屋裏へ続く階段の先に

2階へ行くと、さらに階段があります。よく小屋裏収納で見かける急勾配の階段は使いません。急勾配だと登り降りも大変だし、荷物の移動も大変。やっぱり大変だと使う頻度が減るのが人間ですよね。汗

なので、今回は一般的な階段を使って秘密基地へ。階段を登っていくと・・・

 

屋根裏を利用した秘密基地へ!!

小屋裏収納の天井高を1.4m以下にすると床面積に含まれません。固定資産税の対象からも外れるのでランニングコストも下がります。

天井高は低いけど、座って使う分には全く問題無しです。これで約4.5帖近くの広さがあるので、パパの書斎にも使えるし、収納に利用する事も可能です。

 

注意点としては、やっぱり夏は暑いです。冷房対策は必須かな。って、個人的には思います。

 

トイレカウンターもこだわりました。

トイレカウンターも造作で仕上げました。

今回は、カウンター下部に引戸を設置して目隠しに、その中にはトイレの掃除セットや、トイレットペーパーなどのスットク品を収納できるように。

何かと収納が必要な場所がトイレです。そこまで大きな収納は必要ないけど、細かい収納があるとトイレがスッキリします。

 

造作手洗いはデザイン性以外にも、収納として使う事もできるので。参考にして下さいね。

 

寝室と間接照明の相性は抜群です

寝室には間接照明を設置。寝室は暗く使う部屋。なので、間接照明が良い感じに映えます。

間接照明を設置する時には、電球色に少し目を向けると雰囲気がよくなります。明るく照らすのか?シックな雰囲気にするのか?どんなデザインにするのか?ここで電球色が良い働きをするので!

間接照明を希望される方は、電球の色に注意して下さいね!

 

最後に

今回は、屋根裏に秘密基地がある家を紹介しました。

主にパパの要望ですが、趣味がある、一人になれる空間が欲しい。広い書斎が欲しい。

このような方にはオススメの空間です。

でも、夏は暑いので。汗

ここは注意して下さいね。

 

良かったら参考にして下さい。

 

 

 

あなたは大丈夫?家づくりで不幸になる予算オーバー

予算オーバーから家族を守る秘訣を無料で配布しています。

 

 

総ページが100ページ以上の

ボリュームE-bookです。

住宅会社では教えてくれない予算オーバー

にならないで、家族の夢を叶える

家づくりの進め方や予算オーバーした

時の対処方法。

回避方法をまとめました。

是非、あなたの家づくりにお役立てください

その他にもあなたの家づくりに役立つ

「豪華特典」がついてます。

詳しくはE-bookの最後で

この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 家づくり情報ブログ , 2019 All Rights Reserved.