ープロが教える家づくりで失敗や後悔を少なくする方法ー

フローリングに無垢材の桜を使って和の雰囲気を演出した家

高嶋 圭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。
石川県小松市 赤シャツアドバイザー
タカシマ です。

 

今回はフローリングに無垢の桜を使った施工事例を紹介します。フローリングに使う桜の表面は明るくて、木目の存在感も薄くて、どんな部屋にも合うフローリングです。

 

無垢材は樹種によって色合いが違い、部屋の雰囲気がガラッと変わります。フローリングは無垢材を使い明るい雰囲気に仕上げたい。そんな方にオススメの床材になります。

 

フローリングの他にも、ママが自分の時間を過ごせるママカウンターを設置したり、料理が楽しくなるアイランドキッチンや、造作の洗面化粧台など、見所満載の施工事例になります。

【外観】フローリングに無垢材の桜を使って和の雰囲気を演出した家

屋根には耐久性の高い瓦を使っています。でも、瓦のように見えなくないですか??これは平板瓦と言って従来の瓦よりも薄い瓦です。平板瓦を使うことで昔の瓦のイメージでは無く、シンプルでスタイリッシュな外観になります。

 

そして、外部は弾性リシンの吹付けを使っています。落ち着いた茶色をベースにした和の雰囲気がカッコイイ仕上がりに。正面にある白い壁はジョリパッドで仕上げた目隠し壁。玄関が丸見えにならないように、そして、外観のアクセントにも一役かっています。

 

【玄関】フローリングに無垢材の桜を使って和の雰囲気を演出した家

玄関の横にはシューズクロークを設置しました。来客時にはサッと扉を引けば靴はもちろん。子供のオモチャや、趣味で使う道具なども人目につきません。靴以外にも外で使う物って実は多いんですね。大きな物は置けないけど、細々とした物は収納できるスペースは大事ですね!

 

左に見える板部分はスノコで施工しています。スノコで施工しておくと、将来的にシューズクロークを広く使いたい場合も可能です。スノコを取っちゃえば広く使えます。

 

【LDK】フローリングに無垢材の桜を使って和の雰囲気を演出した家

フローリングは無垢材。今回はカバ桜を使っています。

カバ桜は表面の木目の存在感が薄いので、建具やクロスが選びやすい無垢材です。今回は、明るくサラッとした表情の無垢材をフローリングに使い、建具はシックに濃い色を使っています。

 

落ち着いた雰囲気を大事にして、家族がリラックスできる空間に仕上げました。

 

テレビボードは大工さんによる造作で施工しました。造作のメリットはオーナー様の使いやすように棚板を区切れるます。テレビボードが大きいと細々した物を収納するのに便利です。

 

その背面にはエコカラットを貼っています。エコカラットは調湿作用、脱臭効果に優れた素材。さらに表面のデザインや、色も豊富なので部屋のアクセントにも使えます。

 

【和室】フローリングに無垢材の桜を使って和の雰囲気を演出した家

リビングの横には和室を設置しました。普段は建具を開放して子供が遊ぶスペースや、ご飯を食べてパパがゴロンとできるスペースに使えます。畳のスペースがあると何かと便利ですよね。

 

もしも、来客があった場合はホールからも和室に通せます。リビングとの建具を閉めると客間としても使えて便利ですよね。親や友達が泊まりにきた時には寝室としても使える。そんな多目的なスペースが1つあると使い勝手が良い家になります。

 

【アイランドキッチン】フローリングに無垢材の桜を使って和の雰囲気を演出した家

キッチンはアイランドキッチン。

アイランドキッチンのメリットは、一般のキッチンよりも大きいキッチンを設置できるので料理スペースが広がります。

料理好きなママにはオススメのキッチン。さらに、キッチンがインテリアにもなり、LDKも広く見える効果も期待できるキッチンです。

 

【ママカウンター】フローリングに無垢材の桜を使って和の雰囲気を演出した家

キッチンの横にはママの書斎をつくりました。

何も書斎はパパだけのスペースじゃありません。家事や育児に忙しいママには1階の書斎がベストな位置だと思います。何かのついでに使えたり、ジックリと本を読んだり、仕事をしたり、ガッツリ使う事も可能です。

 

ママカウンターから窓を見るとテラスが広がります。パパと子供達が遊んでる姿を見ながらコーヒーを飲む休日とか素敵じゃないですか?

 

【造作洗面化粧台】フローリングに無垢材の桜を使って和の雰囲気を演出した家

洗面は造作洗面で施工しました。

洗面化粧台は家族も使えば、来客の方も使います。案外と頻繁に使う場所だからこそ、どこを探しても見つからない。家族だけのスペースにしたくて造作洗面にしています。普通の3面鏡は種類も少なく、他人と被りやすい部分です。

 

そして、洗面で大事にしている部分。
それは、洗面の幅です。

 

幅が広いと家族が並んで使えます。小さな子供が居ると親と一緒に歯磨きをします。せめて、2人は並べるような洗面スペースを確保すると、使いやすい洗面になりますよ!

 

トイレの手洗いも造作で施工しました。

ここも同じ意図です。

トイレはタンクレスが主流になりました。理由は、節水、そして掃除のしやすさ。タンクが有るトイレに比べて、使いやすさは全く違います。しかし、タンクが無いので別に手洗いを設置する必要があります。

 

トイレの手洗いは洗面以上に種類がありません。

トイレも家族、来客の方が使う場所。そんな場所だから家族が気に入ったオンリーワンのスペースに仕上げたいですよね!

【2階洗面】フローリングに無垢材の桜を使って和の雰囲気を演出した家

2階にあると便利な洗面スペース。

こんな感じで、簡単でシンプルな洗面だと高額なコストも必要ありません。後から、2階に洗面を設置するのは大変です。リフォーム工事になりますから。汗

 

家族が多い、女子率が高い。そんな、家族には2階の洗面はオススメです。

最後に

今回は床に無垢材のカバ桜を使った家の施工事例を紹介しました。

明るくて、無垢材の存在感も薄めの床です。だから、建具やクロス、さらには、家具も選びやすい床材でもあります。

 

無垢材が好きで、明るい雰囲気に仕上げたい方にはオススメのフローリングです。

 

良かったら参考にして下さいね。

 

あなたは大丈夫?家づくりで不幸になる予算オーバー

予算オーバーから家族を守る秘訣を無料で配布しています。

 

 

総ページが100ページ以上の

ボリュームE-bookです。

住宅会社では教えてくれない予算オーバー

にならないで、家族の夢を叶える

家づくりの進め方や予算オーバーした

時の対処方法。

回避方法をまとめました。

是非、あなたの家づくりにお役立てください

その他にもあなたの家づくりに役立つ

「豪華特典」がついてます。

詳しくはE-bookの最後で

この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 家づくり情報ブログ , 2019 All Rights Reserved.