ープロが教える家づくりで失敗や後悔を少なくする方法ー

檜のフローリングを使った健康に優しい家

高嶋 圭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは
石川県小松市 赤シャツアドバイザー
タカシマ です。

 

施工事例を紹介します。
床に檜のフローリングを使った、明るくて健康に優しい家に
仕上がりました。
天井には杉材、壁には珪藻土などの自然素材を
多く使いました。

 

オーナー様は夜勤勤務もあり、賃貸では日中の睡眠が
難しくてストレスでした。
寝室には安眠効果の高い材料を使い、カーテンからの
光漏れを防ぐ事もこだわりました。

 

檜のフローリングが気になる方、無垢材が好きな方には
参考になる内容です。

 

檜のフローリングを使った健康に優しい家【外観】

下屋を大きく使いドッシリとした高級感を演出した
和モダンな外観です。

 

外部は吹付け塗装をベースにしながら、アクセントで
玄関まわりに米杉材を施工しました。
米杉は自然な色ムラがあるので、アクセントには
バッチリの素材です。
その色ムラを消さないように、明るめの塗装を選びました。

 

2階には木格子を設置。
この部分は収納になっているので窓がありません。
格子が無いと少し寂しい感じに。
木格子を設置する事で外観にもメリハリが出せます。

 

檜のフローリングを使ったLDK

檜は明るくて、匂いも良い素材です。
他にも効能があります。

・防虫・殺菌作用
・調湿作用
・リラックス効果
・消臭効果
・有害物質除去効果

このような効果があると言われています。
さすが檜ですね。

 

無垢材は見た目も大事です。
樹種によって空間の雰囲気も変わります。
でも、素材の持つ効果に注目して検討する
方法もアリですよね。

 

そして、天井には杉材を使っています。
杉も檜同様に、リラッックス効果、防虫効果。
そして、安眠効果が期待できる材料です。

 

壁には珪藻土を使っています。
珪藻土も調湿効果、消臭効果に優れた自然素材。

 

自然素材を多く使った、体に優しい空間に仕上げました。

 

LDKに隣接した和室

LDKの横に和室を設置しました。
小さな子供が遊ぶスペースに、親が来た時の
お泊まりスペースに、そして、来客時にも
活躍します。

 

何かとリビングの横にあると便利な和室。
多目的に使えます。

 

この和室にも天井には杉を使いました。
旦那さんが和室でも寝る可能性があるので
安眠効果を期待して、杉を使いました。

 

外干しも可能なサンルーム

サンルームは南面に設置しました。
内干しでも太陽の光が入ってくるように。
大きな4枚引き違いサッシ。

 

このサッシの外にはテラスが広がっています。
テラスには外からの視線を切るように、2m弱の
目隠しを施工しています。

 

これで天気の良い日は気軽に外干しも。
洗濯物のストレスから解放されますよね。

 

ママの書斎

キッチンの真横にはママの書斎があります。
書斎って聞くとパパの専用スペースだと連想します。
でも、ママも欲しいスペースです。

 

料理中に出来た空き時間で読書したり。
PCを見たり、仕事をするスペースにもなります。

 

そこまで大きい必要はありません。
でも、ちょっとだけでもママのスペースが
あると便利ですよ。

 

洗面は造作洗面化粧台

洗面は造作で施工しました。
天板はホワイトのタイル使い、水返しには
可愛いモザイクタイルを使っています。

 

鏡はTOTOの既製品と、造作の鏡を使って
3面鏡のように施工しました。
既製品は鏡の裏も収納として利用できます。
コンタクトやワックスなど。
小物を収納できると、洗面の天板がスッキリします。

 

造作洗面は幅が広いので、家族が並んで使えます。
子供が小さなうちは、ママと一緒に歯磨き。
鏡が大きいので、二人並んで朝のセットも可能です。

 

洗面は朝が混雑します。
その混雑を解消するような工夫は大事です。

 

トイレのカウンター

タンクレスのトイレには手洗いが必要です。
既製品を利用する方法もアリです。

 

でも、造作にして自分らしい空間にしては?
トイレは家の中でも頻繁に使います。
もしかしたら1番使う部屋かも!?
さらに友達や来客も使います。

 

そんな多くの人が使う場所です。
トイレはこだわりを持つ空間にする。
ここはオススメしたい部分です。

 

その方法の1つがカウンター。
ここを造作にすると、一気にトイレの空間が
オシャレになります。

 

畳を使った寝室

寝室には畳を使いました。
ベットを利用しない家族にはオススメです。

 

まだ小さな子供と寝る時には、広めの寝具が理想です。
ベットを大きくすると、部屋の広さも必要に。
でも、布団の場合は高さが無いので、簡単に寝る部分を
広くする事が可能です。

 

そして、安眠効果もある杉材を天井に使用。
カーテンからはもちろん。カーテンの隙間からの
光漏れも防ぐカーテンを使っています。

 

これで夜勤明けでもバッチリ快眠ですね。

 

最後に

檜のフローリングは足触りも心地よくてサラサラ。
でも、1つデメリットも紹介します。

 

それは傷や凹みが出来やすい。

 

ここなんですね。
先が尖った物を床に落とすと、確実に凹みます。
ここが気になる方は他の材種を探す方法もアリです。

 

生活してれば、しょうがない。
これも味だよね。
経年美化として捉える事ができる家族には
オススメしたい床材です。

 

良かったら参考にして下さいね。

 

あなたは大丈夫?家づくりで不幸になる予算オーバー

予算オーバーから家族を守る秘訣を無料で配布しています。

 

 

総ページが100ページ以上の

ボリュームE-bookです。

住宅会社では教えてくれない予算オーバー

にならないで、家族の夢を叶える

家づくりの進め方や予算オーバーした

時の対処方法。

回避方法をまとめました。

是非、あなたの家づくりにお役立てください

その他にもあなたの家づくりに役立つ

「豪華特典」がついてます。

詳しくはE-bookの最後で

この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 家づくり情報ブログ , 2019 All Rights Reserved.