ープロが教える家づくりで失敗や後悔を少なくする方法ー

若世帯夫婦が母屋の隣に増築した施工事例を紹介します。

高嶋 圭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

石川県小松市 赤シャツアドバイザー

タカシマ です。

 

今日は増築を考えている方に参考になる

施工事例です。

増築の事例は新築に比べて数も少ないので、良かったら参考にして下さい。

 

増築のポイントですが、増築の内容によって工事費用や施工方法が全く変わります。

今回は「実家を増築して若世帯夫婦が隣に住む」増築の事例になります。

 

キッチンやお風呂なども別々に使う、完全な一戸建を別棟で増築しました。

限られた敷地の中で建築するので、1階を広く出来ない事が多いです。

どの部屋を2階に持っていくのか?

要望のバランスが大事になる工事が増築です。

 

増築の施工事例【外観】

母屋の横に増築した若世帯の家。

外観は母屋に合わせた外観にするのか?

それとも自分たちが好きな外観にするのか?

難しい選択ですよね。

 

今回は母屋には合わせないで、自分たちが好きなデザインで施工しました。

全く違うデザインの外観が並びますが僕は気になりません。

逆に気になる方もいると思います。

増築では外観の選択が難しいので、全く別の外観タイプの施工事例として参考にして下さいね。

 

増築の施工事例【LDK】

今回の増築ではキッチンやユニットバスなど全て別です。

母屋と同じ敷地内に建築するので、増築部分の間取りが制限を受ける事も多いんです。

 

敷地に目一杯に建てる訳にもいきませんしね。汗

メッチャ広い敷地だと関係ないかもしれないけど。

 

要望の中でも特に制限を受ける部分が「1階」です。

敷地いっぱいに家を建てる訳にはいきません。

建築基準法的にもそうですし、敷地には駐車スペースも確保する必要があります。

駐車スペースを確保すると1階に使える面積が制限されます。汗

 

その時には何を2階に持っていくか?

1階にあると便利だけど、2階に持っていく事が

できる部屋をリストアップするとスムーズに進みます。

 

なかなか難しい事だけど、夫婦で話し合ってみて下さい。

 

今回はキッチン・ダイニングは1階です。

そして、リビングを2階へ持っていきました。

 

2階のリビングになります。

2階の方がリビングは広くとれますし、家族も集まりやすいので2階へ。

逆に1階にはキッチン・ダイニング。

その横には和室を設置しました。

少し狭くなるキッチン・ダイニングのスペースを少しでも広く使えるように。

2階にリビングがあるけど、もしかして1階で生活するようなライフスタイルになるかもしれません。

 

その時に和室をフルオープンで使う事ができればサブリビングとして使えます。

選択肢は少ないよりも多い方が確実です。

増築して生活するなんて、若世帯にとっては初めての経験になると思います。

どんな生活になるのか?

解らない事の方が多いので、できれば可変性を大事にした増築ができるといいですよね!

 

増築の施工事例【階段も広くみせる】

広く見せる工夫の1つは、目線が置くまで抜ける。

この部分を大事して下さい。

今回は階段手摺部分はスリットにして、目線が少しでも奥に抜けるように工夫しました。

 

ダイニングの横には和室を配置して、この部分も目線が抜けるように配置しました。

1階は要望が集中します。

少しでも1階に配置したい。でも、狭くなる・・・

そんな時には少しでも目線が抜けるように工夫してみて下さいね。

 

造作洗面化粧台

洗面化粧台は造作洗面化粧台を使いました。

選ぶタイルや、素材もオーナー様によってバラバラです。

だからこそ個性が出る場所で僕は好きなんです

今回の造作洗面化粧台もオーナー様らしい。

このカラフルなタイルが素敵です。

 

最後に

今回は増築の施工事例をご紹介しました。

増築は新築と違い想い通りに行かない事もあります。

大きい事もあれば小さな事もあると思うけど、本当に色々あるのが増築です。

 

やっぱり要望にも制限を受ける事が多い。

でも、完成した後に家族が幸せに暮らせるように。

 

これは新築でも増築でも変わりません。

 

増築の場合は可変性。

1つだけじゃ無く、色々と使える工夫を間取りに加えてあげると過ごしやすい家になるんじゃ!?

完全に個人的な意見ですけど。

僕はそう思います。

 

良かったら参考にして下さいね。

 

あなたは大丈夫?家づくりで不幸になる予算オーバー

予算オーバーから家族を守る秘訣を無料で配布しています。

 

 

総ページが100ページ以上の

ボリュームE-bookです。

住宅会社では教えてくれない予算オーバー

にならないで、家族の夢を叶える

家づくりの進め方や予算オーバーした

時の対処方法。

回避方法をまとめました。

是非、あなたの家づくりにお役立てください

その他にもあなたの家づくりに役立つ

「豪華特典」がついてます。

詳しくはE-bookの最後で

この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 家づくり情報ブログ , 2019 All Rights Reserved.