ープロが教える家づくりで失敗や後悔を少なくする方法ー

老後を豊かにする平屋の家【施工実例】

高嶋 圭
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

石川県小松市 赤シャツアドバイザー タカシマ です。

 

老後を夫婦2人で快適に暮らす「平屋」

大きい家は必要が無く、コンパクトで掃除が楽。

そして、夏は涼しく冬は暖かくて快適。

こんなお家が「老後を快適に暮らす平屋」ですよね。

 

僕も憧れるな~。

老後は能登島で小さな平屋で嫁さんと一緒に暮らしたいな。

 

今回は、そんな平屋の実例をご紹介します。

 

平屋の外観

建坪は約25坪ほどの平屋になります。

 

屋根は瓦を使いました。

板金屋根も長持ちするけど、瓦の耐久性は別格です。

メンテナンスに費用が抑えられるように外観の素材を選びました。

 

外壁は弾性リシンを吹付けました。

色は落ち着いたベージュを採用。

 

吹付けの外壁色ですが、濃い色は外観が引き立ちます。

でも、何年か経過すると太陽の紫外線で色飛びが目立ちます。

これが濃い色のデメリット。

オシャレなんですけどね。汗

 

そして、ホワイトのような薄い色は汚れが目立ちます。

実は、中間色が一番デメリットが少ない色になります。

外壁の色を選ぶ参考にして下さいね。

 

老後を快適に暮らす平屋のリビング

明るい色に統一されたLDK

たっぷりと太陽の光もリビングに入るので、昼間は照明をつけなくても問題ありません。

 

LDKには床暖を設置しました。

冬は厳しい寒さになる石川県。

 

夏の涼しさよりも冬の寒さ対策が重要になります。

その中でも「床暖」は抜群の暖かさを発揮します。

足元が暖かいと体感が全く違いますし、暖かく感じる体感も長いです。

 

老後を快適に暮らす1つとして「ヒートショック対策」は重要です。

交通事故死亡者数の約4倍の方がヒートショックで亡くなってるデータがあるほど危険です。

年間で約19,000人の方が入浴時による「ヒートショック」で亡くなってます。

老後を快適に暮らす為にもヒートショック対策は検討が必要です。

 

今回の平屋では、UBに入る前の脱衣室に床暖を設置しました。

暖房器具が無い冬場の脱衣室は、室温が10度以下になる事があります。

この時に衣服を脱ぐと、急激に体の表面温度が下がり血圧が上がります。

血圧の急激な上昇により、心筋梗塞や脳卒中を起こす原因とされています。

脱衣室に床暖を設置する事で、ヒートショック対策にもなります。

 

今回はダイニングテーブルを置かないライフスタイルです。

ダイニングテーブルを設置しない時に活躍するのが、キッチン前のカウンター。

ちょっとしたスペースだけど、あると便利ですよね。

カウンター上にはタイルが施工してあります。

タイルのワンポイントが可愛いですよね~。

 

そして、大工さんが施工した「キャットタワー」

お施主様はペットに猫を飼ってます。

本当に家族のように可愛いがってる様子が、打合せの時からヒシヒシと感じました。

そのペット達がリビングでくつろげるように。

 

木で作ったからペット達も喜ぶんじゃないかな!?

嬉しそうに爪とぎしてるやろな~。(笑)

 

人間は快適な空間をつくる事により、その場所に集まるし居心地がいいもんです。

ペットも同じで居心地がいい空間だと集まってくると思います。

リビングからリラックスしてるペットを見てると、嬉しくなるし家を建てて良かったな~。って思いますよね。

 

お客様もペットも集まる「リラックスできるLDK」がメインのお家です。

 

LDKの横には和室を設置しました

やっぱりゴロンとなりたい時もありますよね。

そんな時に活躍する「タタミスペース」

床暖も入ってるし暖かいけど、ゴロンとなるにはフローリングは硬いんです。汗

僕は体が痛くなります。

 

子供や孫が遊びに来る時も重宝します。

小さな孫が昼寝するスペースだったり、子供達が遊ぶスペースだったりね。

何かと来客が多い可能性があるのが老後の家づくりだと思います。

人が集まる事も視野に入れて間取りをつくる必要がありますよね!

 

洗面は造作で可愛く仕上げました

洗面化粧台は造作で施工しました。

やっぱり造作にすると、お施主様の個性が出ていいですよね~。

既製品も掃除が楽でいいけど、僕は造作が好きだな。

 

天板は掃除がしやすいようにメラミンカウンターを使いました。

天板をタイルで施工すると可愛いんだけど、タイルの目地汚れが気になる場合もあります。

そんな時には、掃除が楽なメラミンカウンターがオススメです。

 

カランにはシャワータイプの蛇口を設置しました。

造作洗面の注意点ですが、後から蛇口をシャワータイプに変更するとカランごと変える必要があります。

ちょっとしたリフォーム工事になるので、蛇口はしっかりと吟味して下さいね!

 

最後に

老後を豊かに暮らす事が出来る平屋の家。

やっぱり年齢を重ねれば体力も落ちます。

そんな時に掃除が楽だったり、健康に優しい。

そして、時間を楽しむ事ができるお家がいいですよね!

 

良かったら参考にして下さいね。

 

あなたは大丈夫?家づくりで不幸になる予算オーバー

予算オーバーから家族を守る秘訣を無料で配布しています。

 

 

総ページが100ページ以上の

ボリュームE-bookです。

住宅会社では教えてくれない予算オーバー

にならないで、家族の夢を叶える

家づくりの進め方や予算オーバーした

時の対処方法。

回避方法をまとめました。

是非、あなたの家づくりにお役立てください

その他にもあなたの家づくりに役立つ

「豪華特典」がついてます。

詳しくはE-bookの最後で

この記事を書いている人 - WRITER -
高嶋 圭
石川県小松市にある新築・リフォーム工事を手掛ける㈲サワダに務める営業マンです。住宅のプロなのに家づくりで失敗した経験を持つ僕だからお客様には失敗して欲しくない。自分の失敗した経験から少しでも家づくりを簡単に、そして楽しく体験出来るような情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 家づくり情報ブログ , 2019 All Rights Reserved.